電子工作

DMC16117A OPTREX社製 16x1文字キャラクタ液晶モジュール

表示テスト。 ビジーチェックを入れるようにしました。 2lineに設定して、0x40からが9文字目以降の8文字です。 表示位置をシフトしていないときに。 ピンコンパチとかいいながら、sc1602bsとはVddとGND(Vss)が逆なのでした。危なかった。 #include <avr/io.h> #include <util/delay.h></util/delay.h></avr/io.h>…

hd44780, SC1602BS

SC1602BS LCDキャラクタディスプレイモジュール(16×2行) 用のavrコードを定期的に紛失して、定期的に書き直している気がする。 今回はc言語で。 #include <avr/io.h> #include <util/delay.h> //#define DB4 PINB0 //#define DB5 PINB1 //#define DB6 PINB2 //#define DB7 PIN</util/delay.h></avr/io.h>…

小さいステッピングモータを小信号トランジスタ一段で。静止状態で、350mW使うはずだから、ぎりぎりですね。 ft232rlから電源をとっている。200mAくらいつかってるはずだけど、大丈夫ぽい。 480ステップで一回転。500Hzで信号を切り替えてるので、60rpmくら…

ステッピングモータ

ステッピングモータを回しました。 ゆくゆくは、とてつもなくゆっくり回したいので、1-2相励磁のテストです。 秋月取り扱いの安いモータで、spg20-332。 4相(2相)ユニポーラ、10極で、24:1ギア付きで、480ステップ/回転です。 最大トルクは19.6mN.m連続値。 …

温度ロガーつづき

昨日作った温度ロガーをUSBコネクタ一つに接続するだけで動作するようにして、1時間ごととか定期的に温度を取得するようにして、それをグラフにプロットして、FTPにアップロードするようにしてみた。python + gnuplot.py + pyserial + pycronをwindows上で使…

温度ロガーできた。

毎度外見という面では特にかわらないんですけども。デジタル電子工作なので。 温度ロガーを作りました。 LM60という温度計ICの出力をATmega328PのADCに入れて、ATmegaからUSARTでパソコンに送るという代物です。 sprintfを使ったら、サイズが大きくなったの…

AVR ATTINY2313でUSARTのテスト

USART機能のテストをしました。 1200bpsくらいが文字化けしない限界でした。変換ICが間にたくさん入っているせいか、かんたん基盤を使っているせいだとおもう。 USARTまわりの関数はdocumentからのコピペ。 何かひとつキーを押すと、文字列がかえってくると…

秋月シリアル-USB変換ケーブルをTTLレベルに変換しなおして使ってみるテスト

FT232RLがあるのに、いまさらRS232C準拠な信号をUSBから変換してどないするねん、という気もして、やる意味を失いつつ作業しました。 しかし、古きを訪ねてという言葉もありますし、レガシーな技術にも親しもうということで。昔買った部品を使わずにほっとく…

めも

windowsマシンであえてavr用バイナリのクロスコンパイルしようと、win-avrをインストールして、led.cを作って、makeして、avrdude.exeで書き込んでテストしました。朝の一時間でぱぱっと。 一年か何年か前にもC言語で開発できて楽だー、とかエントリ書いた気…

AVR USBライタもう一つ作った。

FT232RL, FT245RLが秋月で安くなった記念と称して、もう一つUSB接続のAVRライタ(ハード部分)を作りました。今度は長く使えるように配線をしっかりしておいた。 仕組みは、パソコン側ではFT232RLで作られるCOMポートに対して、avrdudeというソフトを使って信…

圧電ブザーを鳴らす

秋月で2ヶ100円で売っていた「圧電スピーカー(2個入) SPT08」をならしてみた。そして、導通チェック用ブザーとしてテスタに組み込んだ。 発振回路は、トランジスタ二つの無安定バイブレータ。二安定なのは発振と言うのかしらないけど、波形はフラッ…

SS-7635

岩通オシロのSS-7635たんの電源を久しぶりに入れてみたらフォーカスが、ぼやぼや。線が1divあるし、文字表示も読めるものでなくぼやーっとあたりにひろがっている。 フォーカスダイアルあたりのトランジスタをテスタでチェックしてもよさげだった。 最終的に…

めも

http://www.atmel.com/dyn/products/param_table_v2.asp?family_id=607&OrderBy=part_no&Direction=ASC # \ flash ram eeprom _ ATTINY2313-20PU 3 100 2k 128 128 USART, oscillator, Timer 8,16bit ATMEGA164P 1 400 16k 1k 512 USART, ADC10bit, Timer 8,…

メモ ひさしぶりにAVRいじろうと思ったら、ライタの線が切れている。 ついでにライタを作り直そうと思う。 同じ物を作るのもなんだから、秋月のusbシリアル変換ケーブルを使おうとする。 ponyserの回路図をそのまま組む。5.1Vのツェナーでつなぐ大胆方式。 …

ZY-FGD1442701V1, ST7735

以下の記事はwikiに引用し加筆しました。http://www31.atwiki.jp/beiz/pages/13.html aitendoの液晶モジュールを買いました。 http://www.aitendo.co.jp/product/1621 http://www.aitendo.co.jp/product/1707(基盤実装済み) データシート&サンプルプログラム…

FT245RL + 74HC146の動作テスト

青色LEDは目にやさしくないでつね。エネルギーたかっ。とか適当なことをいう。 この大昔某所で10円で買った可変抵抗は、在る角度で接触不良がありますね。http://penguin.tantin.jp/hard/libFTDI.html ここのコードを参考に・・。(半分こぴぺ。ありがとうご…

FT245RL + 74HC146x3 と LTC1144で秋月300円液晶を光らせる準備。

きちきち。 あとはソフトウエアか・・。 メモ たくさんピン 裏から VSYNC HSYNC CLK TEST NC 5V 5V 5V CON(0-5V) GND BLUE0 (LSB) B1 B2 B3 B4 B5(MSB) NC NC NC -12V GREEN0 (LSB) G1 G2 G3 G4 G5(MSB) NC NC NC +12V RED0 (LSB) R1 R2 R3 R4 R5(MSB) NC NC…

秋月のカラー300円液晶のバックライトをつけた。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-01703/ 液晶が300円なのに対して、 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-00400/ 秋月のインバータは800円。(LCDとセット買いで700円) という微妙な価格設定なので、インバータは買いませんでした。 そして、ちょう…

秋月のカラー300円液晶(LCD)の細かい信号線を楽に半田付けする方法みつけたと思っていたころもありました。

秋月のカラーLCDモジュール(LTA042B010F)。 裏ぶたをあけると、信号線のところにソケットがはまっているわけですが、このコネクタが固定されている左右の半田を吸い取ってしまってから、黒いソケットカバーをラジオペンチなどで、ぐっと(画像で下方向へ)移動…

FT232RLを使ったUSB接続AVRシリアルライタの回路図をアップした

(前の「そのうち回路図書く」と書いたエントリにもはっておきました。 アプリケーションノートほぼそのままと、TXDを反転させているだけです。 USBの電源を安定させるパスコンは、手の届くところにあったのを適当につけただけなので、アプリケーションノート…

CPLD, FPGAボード・基盤、調べ。

MAX2 CPLDボード http://optimize.ath.cx/max2/index.html 1600円 570ロジックエレメント(LE)、76I/OのEPM570T100C5N MAX Ⅱマイクロキット http://solitonwave.co.jp/products/max2kit.html http://shop.cqpub.co.jp/hanbai/books/I/I000013.html 10,290円(…

usb接続AVRライタ作り中。 その5 書けたので、ひとまず完成ということで!

結局、avrdudeを使えたほうが楽だろう。ということで、ponyserを参考に、TXDの反転をRESETに使う方法でいくことにした。 http://core.st/projects/Serial_programmer/index.html Tack så mycket! 結局これなら、自分でFT232RL+一石の配線だけすれば、ソフト…

FT245RLの試し接続

FT232RLが450円でFT245RLが500円。秋月で。 ならば、パラレルですよねー。ということで、買ってあったFT245RLを試しに接続してみた。(UARTするならFT232RLですが。) ssop変換基盤70円をつかったら、いとも簡単に半田付け完了。便利すぎる。 変換後の2.54mmピ…

お金のかからない電子工作

LEDの光拡散キャップてありますけど、ホットボンドとか塗ったらええんちゃう? いや、ほしいけど高くて買えないなんてわけぢゃないんだからね!! メスのピンソケットは40pinソケットをニッパでちぎったらなかなか綺麗にちぎれてうまく使えることがわかりまし…

USB接続AVRライタ作り中。その4 avrdudeはしるん?

ライタにAT90S1200をつなげて、linuxでavrdudeを走らせてみた。 識票ビットがまともに読めてない・・。 ドキュメント読んだら、usb-serial変換経由だと、非常に遅いか、まともに走らないかもね! って書いてあった。wait入れるように指示したら、書き込めたり…

CPLD調べ

秋月の300円カラー液晶を駆動するのにCPLD使おうかなと思って、調べている。 すでに4年ほど前に8bitCPUをつくろうと思って買ったXilinxのXC9572-15PC44C(72マクロセル)は使わないまま家在庫にあるので、それを使えばいいのだけど。つか、72マクロセルでは足…

USB接続AVRライタ作り中。その3 python-serialで制御できるよ。

debianなら、 # aptitude install python-serial でO.K. http://pyserial.wiki.sourceforge.net/pySerial ここ参考に。portはdmesg|tailで確認。 クリップが3つしかないから(3つは今作れた)、とりあえずTXDとRTSの2信号をLEDでチェックするよ。制御できれば…

USB接続AVRライタ作り中。その2 debian lenny 5.01に接続

ミニUSBケーブルなかった。 ので、普通のUSB Bコネクタも使えるように結線する。なおwikipediaのusbの項目の情報は、書き手がプラグとコネクタの違いを理解しておらず、誤っているので気をつける。 コネクタつけて、昨日pcg-u1に入れたdebian lennyで無事認…

USB接続AVRライタ作り中。with FT232RL

家の近くのお店で900円弱、おすすめ品白ワイン。 この値段で、この味はひさびさのあたりです。うまい。 酒を楽しみつつ、作業。USB接続AVRライタになります。 AVRに限らずシリアル5Vで書き込みできるものならなんでもかけるでしょう。 これが以前の状態。FT2…

USB接続のAVRライタをつくるのを考える。

秋月USB-serial変換ケーブルを使って、USB接続AVRライタをつくろうと思ってたのですが、わざわざrs232cな信号レベル(この子は±7V)にされたものをまたTTL,CMOSレベルに戻すというのは無駄だと思うし、いまさらシリアルポートをつかう機会もないだろう、という…