読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子パーツ屋

電気工作

移転しました。

050818-1721.jpg

想い出を残す399円の科学技術。

札幌の電子パーツ屋に行ってきました。

ニキシー管点灯用、ガイガーカウンタ用、ヘッドフォンアンプ用の部品を探してきました。

一件目は、北12条の地下鉄駅近くにある電子パーツ屋さん。

種類が少なく価格も高かったです。

コイルを扱ってないようでした。orz

二件目は、狸小路の西の端あたりにある梅津電子。

種類もそこそこあって、値段も普通でした。

でも、ネットで買った方が安かったので、ネットで買えないような細かい部品だけ買ってきました。

めがねの度が弱いので、部品を探すのが大変でした。

あと、500Vくらいの電圧が欲しいので、フラッシュ用のトランスを探したのですが、見つかりませんでした。

結局、使い捨てカメラを分解しよう、ということになり、札幌駅前のビックカメラという電気屋にいったのですが、使い捨てカメラ399円でした。

昇圧回路が入っていて399円って、ちょっ、おま!安すぎ。

これで200Vも作れたら、今日買ってきた部品いらないかも・・。

まあ、そんなことは実はどうでもよいのです。

買い物のついでに、昼ご飯を食べにマーメイドに寄るつもりだったのですが、

ランチタイムが過ぎていて、ご飯を食べられないことに気づき、

どうせ狸小路に行くので、狸小路メイド喫茶プリムヴェールに久しぶりに行くことにしました。

今日は空いていて、二人用のテーブルに座って、またーりっとしていたら、

なんとむちゃくちゃ可愛いWRさんが水を持ってきてくれるではありませんか。

手、ふるえました(笑。

化粧がうまいです。

プリムがこんなポテンシャルを隠し持っていたとは。

しかし、年齢がどう見ても17才くらいなんですけど、

そんな子がメイド服(ミドル丈)を着て給仕するなんて、

こんなことが許されていいんですか!

次のイベントには親会社で新発売するエロゲのコスプレをするらしいんですが、

それはして欲しくないです。でも、どうせするなら、見に行きたい(笑。

帰省してて無理でしょうが。くっ。

空いているときはマーメイドより、プリムの雰囲気の方が昔ながらの喫茶店ぽくて好きです。

えーと、たまに何でメイドカフェに行くのかと聞かれるんですが、

もちろん、メイド服着た若い子を眺めるが楽しいからなのです。

他にも理由があって、

電気街で、電子パーツ屋などを長時間歩き回ると、疲れて休憩したくなるものですが、

電気街には、昔から営業している食堂のようなところと、吉野家のようなジャンクフード店しかなく、今時のおしゃれなカフェはなかなかありません。

そこで最近でてきたメイドカフェは、電気街を彷徨うオタッキーな人種だけど、清潔感のあるお店でゆっくりしたいというような人には最適だからなのです。

さらに、男が一人で店に入ってパフェを食べても違和感のないという、うれしいおまけ付きなのです。