読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未分類

移転しました。

1カ所切れてますが・・

昨晩数時間かけて、FT232RLの端子の半田付けをしていました。

初の0.68mmピッチの半田付けで、

30W半田ゴテ、標準コテ先

0.8mm半田

直径0.4mm程度のポリエステル?線

を使いました。

足間隔よりも半田の方が太い罠。

コテ先もふっといし、30Wって、、でかすぎです。

とても苦労しましたので、次回は秋月の専用基盤もセットだと思って買ってこようと思います・・。

CPLDみたいな形にしてソケットで接続できるようにしてくれてもいいよ・・。

もしかしたら、そういうパッケージもあるけど、秋月で取り扱ってないだけかもしれないけど。

そして、今日、USB mini Bコネクタを接続し、

PCにつないでみました。

USB mini コネクタは、ラージサイズと違って、5pinありますが、4番ピンがIDに割り当てられているようです。mini Bの下流側では解放でよいみたいです。wikipediaには説明がありませんが、このページがくわしいです。

http://www.soaring.co.jp/rwstuff/060128.htm

ちゃんと認識しましたー。チップ焦げてなかった。よしよし。

しかも、windows XP sp2に標準ドライバはいってた。

最近のICはかなり熱に強いようで、半田付けが下手な私にはうれしいです。

ちょいと前までは、焦がしたことがなかったので、最近のが熱に強いと言われてもピンとこなかったのですが、このまえ古そうな40-50pinくらいのICを入手して、ごちゃごちゃ半田付けしていたら焦がしてしまったみたいで、弱いものは弱いのだなーと思ったのでした。

あとは、学校でオペアンプを使って、ハイパスフィルタ回路と100倍くらいの増幅回路を作ったつもりになっていましたが、よくよく考えたら、フィルタにしたらgainがそんなにとれない罠。

やっぱり別々にしなければなりませんねー。

あとは、某アプリケーションノートで反転増幅回路で入力容量の影響を減らすために、帰還抵抗に並列にコンデンサをぶっ込むといいようなことが書いてありましたが、本当なんでしょうか・・。

反転増幅回路だと、入力容量ってどう影響するかよくわからん・・。あやしいような、ただ勉強不足なような・・。