読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輪講に出席しに東京へ

未分類

移転しました。

輪講に出席しに東京へ行ってきた。

とみせかけて、遊び回ってきました。

輪講は、15分遅れて行って30分はやく抜けてきたという。

真後ろにいた大先生に顔を覚えられていて、院試の面接でぼこられたらどうしようと思ったりしたが、まあ、用意周到にしとくしかないねーw

iii Exhibition 9

http://i3e.iii.u-tokyo.ac.jp/

という展覧会は、電気的な仕掛けでうごくようなアートが展示されていましたが、センサやアクチュエータなど入出力につかわれていたインターフェースは、だれでも入手できるものなのだけど、それらと他の素材の組み合わせ方で、あんなにも面白いモノができるとは驚きでした。

アンダーソンだったかの、more is different.って言葉を思い出した。

ARToolKitでできるような、現実での動きをキャプチャしてリアルタイムにそれに反応する画像を貼り付けるようなのはこれからまだまだ楽しみな分野ですね。

あとは、展示の説明してくれてた人が、とてもトーダイセーな感じで、暗黙知とかいう難しい言葉をさらりと使ってたので、ホンゴーすごいと思った。

コロー展に行ってきましたが、ころころでしたー。

というのは冗談で、風景画はぼやぼやな感じがうまいなーと思いましたし、葉っぱ一枚一枚の描き方はどうやってるのか分からないくらいに綺麗で細かかったです。

しかし、風景に人を重ねると、コントラストがあってなかったりして不自然な絵も多かったよーな気がします。

一方で晩年の作品は、風景と人がうまく混ざっていて、感動的でした。

展示作品の説明を講堂でしていたので行ってみましたが、今回の解説員は大学院生の人だったようで、まあ、それはあまり関係ないのですが、展示に使われている紹介文を読み上げてゆくだけだったのでわかりにくかったです。展示作品にたいする愛情あふれる紹介とかだったら面白いのですけどね。

なんというか、自分も今やってることに対してもう少し頭使わんとあかんなーと思った。

自分でやりたいことやれるのだから、やるべきことを考えないとー。

見てるUSドラマで、霊気をreikiって言ってたのでスゲエと思いました。

hentai animeみたいなものですねー(笑

http://en.wikipedia.org/wiki/Reiki