読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AVR USBライタもう一つ作った。

電子工作

移転しました。

FT232RL, FT245RLが秋月で安くなった記念と称して、もう一つUSB接続のAVRライタ(ハード部分)を作りました。今度は長く使えるように配線をしっかりしておいた。

仕組みは、パソコン側ではFT232RLで作られるCOMポートに対して、avrdudeというソフトを使って信号を入出力します。FT232RLからAVRに4本の信号線とGND,VCCを結線して、シリアルプログラミングで読み書きをします。

良い点は、FT232RLは、IOに3.3Vを選ぶことができますので、低電圧AVRにも対応させることができること。もうひとつは、usbからの電源をAVRに供給することで、AVR側で別途電源を用意しなくても書き込みができること。


回路図の基本は以前と同じです。
usb接続AVRライタ作り中。 その5 書けたので、ひとまず完成ということで! - beizのノート
今回少し違うのは、FT232RLとAVRの信号線の間に、100オームの電流制限抵抗をはさんだ点です。これはラッチアップの熱で大量にAVRを壊したので、その反省です。抵抗を入れても、わずかな電流しか流れませんので電圧降下は無視できます。(差がないことを実際に確認しました。)


また、今回ははじめてwindowsマシンでデバッグを行ったのですが、なぜかうまく書き込めませんでした。結局、COMポートにおける9番ピン、RIはwin32ではサポートしてないようで、そのせいで書き込めていないのでした。
avrdude.conf

# Using RXD is currently not supported.
# Using RI is not supported under Win32 but is supported under Posix.


そのため、RI(9)とCTS(8)を結線して、CTSをMISOに指定して、無事読み書きが出来るようになりました。ひどい罠です。
windows XPコンソールから。

D:\electronics\avrdude>avrdude.exe -c myisp -p t2313 -b 9600 -P com9

avrdude.exe: AVR device initialized and ready to accept instructions

Reading | ################################################## | 100% 0.84s

avrdude.exe: Device signature = 0x1e910a

avrdude.exe: safemode: Fuses OK

avrdude.exe done. Thank you.


avrdude.confの記述。miso = ~9を~8に。

programmer
id = "myisp";
desc = "my usb-serial writer";
baudrate = 9600;
type = serbb;
reset = 3;
sck = ~7;
mosi = ~4;
miso = ~8;
;


ATTINY2313-20PUって内蔵クロックが出荷状態で有効なんですね。とっても楽でいいです。それで100円@秋月、って進化してゆきますねこの世界も。