つれづれ

移転しました。

お風呂場に換気扇がないのと、窓はついてるけど、網戸がついてない。
ので、網戸の網を一枚分(2m)アマゾンで500円程度で買って、50x80cm程度に切って、それをグルーガンで窓枠につけました。窓枠はアルミ部分の露出がほとんどないので、窓枠につけたというか外壁につけた。両面テープでつけたら、凸凹があるのでまともにくっつかなかったので、グルーガンでつけたという経緯。これで虫の侵入を気にせずお風呂場を乾燥できるようになったぞ。


今度はラジオでもつくろうと、無線回路に手を出していますが、ゲルマニウムラジオは作ったものの鳴りませんでした。多分田舎で電波が弱いから。アンテナは100Vコンセントアンテナもつかってみたのだが。テスターをAC300Vレンジとかにして、片方を手に、片方をコンセントに差すと、針が振れる穴と振れない穴があって、振れない穴がGNDなので、そこにアンテナをさしてアンテナとする。下手すると感電する。


そういうわけで、スーパーヘテロダイン方式のAMラジオでもつくろうと思いました。山水トランスST-32は8Ωのスピーカを出力段のトランジスタでドライブするのに最適ですが、630円と高いので諦めます。オーディオアンプICを出力段に使えば、電力増幅用のトランジスタもいらないし、トランスも省けるようで、ごそごそ工具箱を探したら、ジャンク基板にTA7368Pがあったのでこれを剥がしてつかえばよさそう。そうすると2石と1ICのスーパーラジオ、ということになりますか。ボリューム用の10 kオーム可変抵抗も手元にある。あとは、OSC, IFTコイルだけども7 mmのが蛇の目基板に刺さるらしいが、10 mmのほうが流通している。1.9 MHzのFCZコイルは6つ見つかったが、これは流用できないかな。


SONYのラジオでもAMでは一局だけノイズの中から微かに人の声がするとわかる程度でした。他の局はまったく聞こえず。というわけでアンテナをどうにかしないとスーパーヘテロダインでもだめそうです。